YPCネットワーク

〒221-0802 

横浜市神奈川区六角橋1-10-11 

すぺーすろっかく内

      070-6477-3877

​毎週火曜日10時~17時

(年末年始を除く)

Photo by  川名マッキー

Illustration by   峰 若菜

© 2018 YPC net All Rights Reserved.

April 2, 2019

連載の最後はプレイパークの利用者の声をご紹介しましょう。

「息子に振り回される日々に辟易としていた時にプレイパークを知った。大人が作ったルールに縛られず、適度な距離であたたかく見守る。数々のいたずらもここではみんあで笑い合った。育児が楽しいかもと思えるようになった」

「横浜にこんなアットホームな自然体になれるところがあるなんて!親類も友人もいない街で一人じゃない...

March 19, 2019

わくわくドキドキがいっぱいの野外の自由な遊び場プレイパーク。
この貴重な場を運営しているのは誰なのでしょう。

プレイパークは、子ども達が外で遊べていないことに危機感を抱いた人たちが「この状況をなんとかしなくては」と仲間を募ってボランティアで立ち上げ、運営している遊び場です。
約10年前に行政との協働事業となったことで、プレイリーダーを配置できるようになりました...

March 5, 2019

プレイパークに行ってみると子ども達にやけに慕われている大人の存在に気づくでしょう。


その人がプレイリーダーです。

プレイリーダーは、子どもと遊んでくれる人?遊びを教えてくれる人?けがをしないように見守る人?
…どれも合っているようでやや違和感があります。


一言で言うとプレイリーダーは、子ども達が自由に遊べるための環境づくりをする人。

ベーゴマや鬼ごっこで子ども達...

February 19, 2019

プレイパークでは、よくベーゴマ遊びで盛り上がります。

小さな鉄のコマに紐を巻きつけるのは大人でも難しいものですが、何度も何度もチャレンジして、幼稚園児も巻けるようになります。
常連の子どもが大人に教えることもしばしば。
幅広い年齢層で真剣に戦えることがベーゴマの魅力の一つでしょう。

斜面にブルーシートを敷いた手作りウォータースライダーも痛快です。
数人で一緒に滑...

February 5, 2019

子どもたちの一日に目を向けてみましょう。


起きている時間の大半を学校で過ごし、放課後は塾やお景子、家でも宿題・食事・入浴…、子どもたちが大人の指示や管理から解放されて自由でいられる時間や空間はわずかです。
また、「子どもの遊び」と銘打ったイベントも大人主導のことが多いですね。

何をどうやりか、子どもが自由にきめられるのが本来の「遊び」です。

やりたいことに取り組...

January 15, 2019

昨年、横浜読売会さんのご協力で、読売新聞の折り込み紙「ヨコハマよみうり」に掲載されたコラム「プレイパークってなぁに?」。

岡野理事長がプレイパークについて熱く語る、全6回をご紹介していきます。

プレイパークを知らない方はもちろん、既に常連や世話人になっている方も、プレイパークって素晴らしい!守っていこう!と改めて思える内容です。

虫捕り、木登り、土手すべり、缶けり...

December 1, 2018

プレイリーダーひるが、とある出来事を見て抱いた素敵な思いを紹介します

小学2年生の男の子がこんなことを言った。
「オレはベーゴマできるけど、Aちゃんはベーゴマできない。
でも、Aちゃんはジェイボードできるけど、オレはできない。」
そして男の子とAちゃんはお互い顔を見合わせて、
「だよね!」と言っているような感じでにっこり。

男の子は最近ベーゴマに熱中し、ベーゴ...

November 22, 2018

先日、日本冒険遊び場づくり協会主催「冒険遊び場・プレーパークで働く仕事説明会」が開かれ、「今働いている人」としてプレイリーダーのひるがトークセッションに参加しました

そこで語られた、プレイリーダーのやりがい、プレイリーダーという仕事への思いをお伝えします。


私はプレイパークに関わってから、
「遊ぶ」って、どういう状態のことなんだろう?
と、考えることがよくあ...

November 11, 2018

小学校の総合的な学習の時間(※)を利用して、大岡小学校5年2組の子ども達が1年間かけて地域の遊び場について学んでいます。

現在は、自分たちで遊び場を創って開催する過程とのこと。

子どもが学び、考え、創るプレイパークとはどの様なものなのか気になり、第2回の開催を見学してきました。

場所はぐみょうじプレイパークが行われる弘明寺公園。

子ども達主催の時は「にじのわプレイパ...