YPCネットワーク

〒221-0802 

横浜市神奈川区六角橋1-10-11 

すぺーすろっかく内

      070-6477-3877

​毎週火曜日10時~17時

(年末年始を除く)

Photo by  川名マッキー

Illustration by   峰 若菜

© 2018 YPC net All Rights Reserved.

沿革

1993年ごろ

子どもの遊びに危機感を感じた親たちが、各区の事業や講座を活用して遊び場づくりの学習会を開き、プレイパークを創る活動を始める。

2002年

横浜市内でプレイパーク活動を行っていた団体とその運営市民が集まり「横浜にプレイパークを創ろうネットワーク」発足

2003年7月~9月

横浜市市民局、横浜ボランティア協会(現、青少年育成協会)と協働で「遊びのボランティア育成研修」を開催。以降、2006年まで毎年開催。

2003年10月

横浜市子育て支援事業本部に対し、放課後児童育成施策にプレイパーク事業を提案。

2005年2月

横浜市次世代育成パブリックコメントに提言書を提出し、【かがやけ横浜子どもプラン】~横浜市次世代育成支援行動計画~の内容にプレイパークの設置推進が盛り込まれる

2006年5月

2006年度「かがやけ横浜ども青少年プラン」の重点事業となり、横浜市はYPCネットワークを通じて市内6ヶ所に広がる推進団体にプレイリーダー人件費の補助を決定。

2006年6月20日

特定非営利活動法人(NPO)格を取得。

プレイパーク7か所、総計517日開催、来園者46,374名。

2006年7月

環境創造局(前緑政局)によるプレイパーク運営支援要綱が制定される。

2007年3月

青少年局子ども放課後児童育成課による「プレイパーク支援事業補助金交付要綱」制定される。

2007年6月

第1回定期総会開催。

2007年

リスクマネジメント研修の定例化を開始。

2008年

プレイリーダーが他都市のプレイパークに講師として派遣される。

2009年

東京慈恵医科大学「地域子育て支援体験実習」学生受入を開始

2013年

桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部「社会貢献活動体験実習」学生受入を開始。

2016年5月

第10回定期総会。プレイパーク24か所、開催日数1294日、参加者数140,569名に。

2016年

法人化10周年を記念して、プレイパーク巡りスタンプラリー、「プレイパークの可能性を考えよう~遊びがひらくココロとからだ(基調講演土谷みち子氏)」フォーラムを開催。

  • icon_twitter
YPCネットワークにお問合せ