プレイリーダーとは

プレイリーダーは、プレイパークに欠かせない存在です。
プレイリーダーの役割は、子どもたちがいきいきと遊び場で遊べるように、環境を作ったり、遊びを引き出したりすることです。

プレイパークにおいて、プレイリーダーの役割は多岐にわたります。
そのために必要な技能や能力を身につけるため、日々振り返りや研修を積んでいます。

 

  子どもに対して  

子どもの立場に立ち、遊びを通して気持ちをすくいあげます。
・居心地のいい環境作り
・遊びのしかけ
・関係作り
・事故予防の危機管理
・ケガの手当 など

  大人に対して  

協力をして、居心地のいい子育ての場をつくります。
・つながりを増やす
・場作りの提案
・プレイパークの運営サポート
・子どもの様子を伝える

  地域に対して  

地域と連携して子どもの居場所をつくります。
・子育て関係機関との連携
・子育ての場、遊びの価値の発信
・ボランティア、実習生の受け入れ など

横浜市のプレイリーダーは、「NPO法人横浜にプレイパークを創ろうネットワーク(YPCネットワーク)に雇用され、専門職員として働いています。

​プレイリーダーに関するコラム

  • Twitterの社会のアイコン
YPCネットワークにお問合せ