横浜にプレイパークを創ろうネットワーク

こどもが生き生きと過ごせる居場所づくりを見直す

  フロアディスカッション「生きる力」を育むには(part2)
  
〜7月に開催したシンポジウムの反響を受けての第2弾企画〜
  「ミート・ ザ・プレス」と呼ばれる最新の手法を導入。
記者会見形式のフロアディスカッション


主催:YPCネットワーク
共催:横浜市こども青少年局





日時:2012年12月7日(金) 9:45〜12:00

会場:横浜市市民活動支援センター4F

ファシリテーター:竹迫和代(参画はぐくみ工房 代表)

プレゼンテーター:
  峯尾真一(NPO夢・とんぼ事務局長 放課後キッズクラブ事業 統括指導員)
  笹井宏益(国立教育政策研究所 生涯学習政策研究部)

記録:河上順子(NPO法人 YPCネットワーク 理事)



 
ファシリテーター:竹迫さん   プレゼンテーター:笹井先生&峯尾さん 


<配布資料>
(※1)峯尾さんのレジュメ
(※2)笹井先生パワーポイント資料



<進行>

(1)各グループの中で、自己紹介⇒各グループの社名と編集長決定

A : まがらやネット社
B : BeeTV
C : MM新聞
D : おりがよいプレス
E : 「おい!ハマ」新聞
F : Team桜木町TV

(2)プレゼンター:峯尾さんのお話⇒笹井先生のお話

(3)プレゼンターに質問したい項目を各社ごとに練り上げる作戦タイム
  (約20分間)

(4)記者会見の時間 (約40分間) 各社より代表記者を選出

記者会見のルール(ホワイトボードに明記)
@質問は簡潔に!
A社名を記者名を最初に明らかに
B他社から言われた質問しない
Cうちあわせになかったことでも聴きたくなったら言ってよい

(5)取材のあと、各グループに戻って「明日の我が社の大見出し」を決める

(6)各社の大見出しを発表

(7)最後にプレゼンテーターから一言コメント

(以上)


記者会見の内容

(クリックすると大きな画像)


今回もたくさんの方に参加していただきました。
また参加した方に、今回の感想を含めアンケートにご回答頂きました。
子どもたちの放課後をより豊かなものするために、
こうして話し合いや研修を今後も続けて行ければと願います。
ご協力ありがとうございました。
またこれからもどうぞよろしくお願いいたします。



<アンケートの回答>
@ 子どもに関わる現場は違うけれど、これだけの大人が子ども達の事を考えていることが、解って良かったです。笹井先生、峯尾さんの話しを聞いて、自分たちのやっていること、方向性を確認できました。 

A 今日は学童やキッズのスタッフの方が多くいらして、PPの自由な遊びとは違う子ども達に対しての接し方・寄り添い方、リアルな話が聞けて勉強になりました。職業柄 スタッフとして働いていらっしゃるので積極的な意見が出て、中身がとても濃かったと思います。子どもに対しての接し方も大事だけど、親御さんに対しての接し方にもとても気を使う昨今だと思います。

B 学童に勤務している立場、一母親としての立場で、グループの中で話をすることもできました。学童の現場だけでなく、乳幼児の子育て支援を行っている方々とも話をすることができ、色々と勉強になりました。午後の仕事も、子どもに寄り添い、頑張ろう!そして家でも子育て楽しもう!と思います。ありがとうございました。

                                 アンケート全件を見る





TOP PAGEに戻る

特定非営利活動法人 YPCネット(横浜にプレイパークを創ろうネットワーク)
〒221-0802  横浜市神奈川区六角橋1-10-11すぺーすろっかく内
TEL: 070−6477−3877  mail: ypc-office@yokohama-playpark.net